社会で働くための必須スキル

先日、私の職場の若手が1人退職してしまいました。私自身はあまり接点のない子だったので何とも言えませんが、後で課長から事情を聞く機会がありました。どうやら、人間関係がストレスになっていたようで、それが限界に達したようです。引きこもりになってしまう前に職場を変えたかったのだそうですが、傍目にはそのようなことを感じ取ることはできませんでした。しかし、この件は私に少し考えさせるきっかけにはなりました。職場の人間関係の良し悪しというのは、本当にストレスになるものなんだろうなと改めて感じたのです。そして、ストレスというのは当然仕事にも影響が出てきます。その影響を最小限に抑えるためには、自分である程度のコントロールをしなければなりません。こればかりは、他人にできることではなく、自分で努力しなければならないのです。ストレスを無くすことはできないので、上手に発散する術を自分で見つける必要があります。近年は、上にも下にも余計なバイアスがかかり、変なストレスを抱えている人が増えているような気がします。そうなると、当然仕事の能率も下がってきますよね。現代の職場において、ストレスコントロールというのが必須になっているのもわかる気がします。昔はそういうのが無視されている傾向にありましたが、現在は環境や法が良くなってきたおかげで、そちらにも目が届くようになったということなのでしょう。仕事ならともかく職場の人間関係は本当に難しい問題です。裏の事情までは、なかなか把握することが難しいといえます。何かあればまず相談して欲しいものですが、それが難しいと感じる人もいます。今後は、その辺りを教えていく必要がありそうです。
ストレス発散のヒント→■□■http://interpersonal-manual.com■□■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です